スポンサードリンク

自賠責保険の目的

バイクを購入するとき自賠責保険は強制ですから皆さんも加入しているでしょう。

それでは、バイクの自賠責保険の目的ということについてはどれ位理解していますか?

本当に簡単にですが自賠責保険の目的に触れてみたいと思います。

バイク保険(自賠責保険)の目的は、バイクを運転しているあなたではなくて、バイクによって引き起こされた事故の被害者を救済することです。

交通事故被害者の立場に立ってみれば、確かに事故に遭ったことだけでも災難だというのに、事故の加害者が、被害者の治療費などを保障する能力がないとなると・・・。

本当に悲惨な状況がめ目にうかんでしまいます。

もし自賠責保険に加入していないと、法律で罰せられることになってしまうので、絶対に加入するようにしてください。

特に車検制度のない原付バイクと250cc以下の自動二輪は要注意です。

一般的には自賠責保険と言われていますが、本当は何の略語かを知っていますか?

ちょっと長いですが、自動車損害賠償責任保険の略語なのです。

事故の被害者を救済することが目的なので、以下の場合は、自賠責保険では補償の対象外になってしまいます。

○対人賠償責任が自賠責保険によって補償できる範囲を超えてしまった。

○他人の物(相手のバイクやガードレールなど)に損害を与えてしまった。

○運転者本人が負傷をしてしまった。

○自分のバイクが故障してしまった。

これらは自賠責保険では補償の対象外になるので注意をしてください。

自賠責保険では補償の対象外はどうする?

それでは、これらの保障はどうするのでしょうか?

自賠責保険で補償されていないものについては、任意保険によってカバーをします。

自賠責保険は補償の額が意外と低く、人身事故を起こした場合には、とても自賠責保険で支払える金額ではありません。

また、相手の車を壊してしまったとか、家庭の塀や、公道のガードレールを傷つけてしまったなど物損事故にも、自賠責保険は補償の対象外です。

原付の任意保険って何?

そもそも任意保険というものは原付(バイク)のオーナーが任意で加入する自動車保険(バイク保険)のことです。

原付の任意保険とは事故が起きた際、自賠責保険では補うことができない損害を補償するバイク保険のことです。

自賠責保険は補償の範囲や対象が結構狭いことで知られています。

たとえば、物損事故は対象外とかです。

任意保険にはどんな種類があるかというと、人間が対象の対人保険、物品が対象の対物保険、バイクの運転手や後部座席に乗車したタンデムの人も対象になっている搭傷保険などがあります。

任意保険は目的に応じ、対人保険や対物保険、塔傷保険を個別で加入することもできますし、セットで加入することも可能です。

任意保険の保険料は運転者の年齢、排気量により区分されています。

年齢区分ですが、(1)年齢条件無し(2)21〜25歳(3)26〜29歳(4)30歳以上・・・というような具合に分かれています。

また、排気量区分は、(1) 125cc以下(2) 126cc以上で区分されています(125cc以下の場合ですが、年齢条件は条件無し、21歳以上のみとなります)

原付保険に加入する際にどのようなものが必要なのでしょうか?

原付任意保険に新規で加入する場合には以下の物が必要となります。

(1) 車検証(登録票)

(2) 印鑑

(3)お金( 月払いの場合、銀行口座明細と銀行印も必要です )

また、2年目、3年目の更新手続きをする際は「 印鑑 」と「 お金 」のみが必要となります。

契約の詳細については、各自動車保険会社に連絡をとってください。

厚い保障はあなたの運転に余裕をもたらします。

スポンサードリンク

Copyright © 2008 自賠責保険の補償範囲外をカバーする任意保険 All rights reserved.